Corporate Social Responsibility

  • HOME
  • CSR
  • 環境への取り組み

Corporate Social Responsibility

ENVIRONMENT

環境問題は世界中の人々に共通する重要な課題であり、企業の環境負荷軽減への取り組みが経営の質、ひいてはその製品への評価にまで影響する時代となりました。ナカニシは早くから環境問題に取り組み、1999年1月には世界標準の環境マネジメントシステムであるISO14001認証を取得しました。 歯科医療用機器をはじめとした超高速回転機器製品の開発設計・製造・販売・サービス等の全ての企業活動において、未来の地球環境に向けて環境負荷を軽減し、自然との調和、健康的で豊かな社会づくりを目指すことを経営の基本におき、次の環境活動を実施します。

1

汚染予防・省エネルギー・省資源の継続的改善

  • エアコンを従来より45%省エネの高効率型に入れ替え
  • 最大電力を管理するデマンド監視装置設置
  • 自動運転制御盤を設置し、ABC棟の電力の約3%
    (年間約96,600KWH)を削減
  • 太陽光パネル256枚を本社棟全面に設置
  • 電力可視化システム「エコワイズ」導入
  • 化学物質管理ソフト「エコデュース」導入
2

環境関連法規制その他の要求事項及び自主基準の遵守

  • 新型高燃焼「エースプラザ2型焼却炉」設置により
    ばい煙排出基準値を大幅にクリア
  • 「擬集沈殿型生物排水処理装置」設置により
    研磨処理液等の工場廃水基準値を大幅にクリアし維持
  • 国際環境基準マネージメント規格「ISO14001」認証取得
  • 廃棄電気・電子機器指令(WEEE)への対応完了
  • 電気電子機器に含まれる特定有害物資使用制限指令(RoHS)への対応完了
3

全てのプロセスにおける環境負荷の低減

  • オゾン層破壊物質のフロン液全廃
  • 水質汚濁有害物質の有機溶剤(塩化メチレン)全廃
  • PRTR法該当物質であるスーパーミルストリーム全廃
  • 第1種有機溶剤であるトリクロロエチレン全廃
  • 第3次処理浄化槽設置
4

工場周辺の自然環境への配慮

  • ダイオキシン等大気汚染物質を排出する小型焼却炉撤廃
  • 工場近隣の水質自主パトロール
5

環境方針の周知

  • 社内「環境影響調査」実施
  • 資材・エネルギーの「ロス撲滅」キャンペーン実施

本社棟の太陽光パネルの年間発電量は
一般住宅約8軒分と、栃木県内トップクラス

切削油精密ろ過装置により
切削油のリサイクル率97%を実現

工場で使った水は浄化装置で完全にクリーンにし社内の池を通過させた上で河川に放流

全社電力使用量推移

ENVIRONMENT REPORT

GREEN GUIDELINE