ナカニシについて

ナカニシは、90年間、磨き続けてきた独自の超高速回転技術と超音波技術により、歯科医療分野で革新的な製品を開発しています。歯科医師の先生方が、より速く、より楽に、より安全に治療ができる、しかも患者様により負担のかからない製品を提供します。

製品革新的な製品

「歯の健康」を実現するために、ナカニシの「革新的『削るテクノロジー』」である超高速回転技術と超音波技術により、保存・補綴歯科治療、予防歯科・歯周病治療、インプラント治療、訪問歯科診療、感染予防機器(オートクレーブ)の分野で革新的な製品を開発していきたいと考えています。各分野で、歯科医師の先生方や歯科衛生士の方々が、より早く、より楽に、しかもより安全に治療ができるような機器、今まで出来なかった治療が出来るようになる機器、そして患者様により負担の掛からない機器を作り上げてまいります。

製造環境世界で認められるグローバルクオリティー
ナカニシの製品はここから生まれています。

人々の健康に貢献する製品を世に送り出すメーカーとして、緑あふれる自然に囲まれたクリーンな環境を大切にしています。
動植物が四季折々の表情を見せる恵まれた環境のもと、独自の精密加工技術と最新鋭の生産設備で高い品質の製品を生み出してきました。
これからもメーカーとしての誇りを持ち、常に世の中に有用な新製品を出し続けることが、ナカニシの最大の使命だと考えています。

  • 本社R&Dセンター “RD1“

    2017年4月に竣工した新本社R&Dセンター「RD1」は、本社機能と研究開発機能を兼ね備え、特に新製品開発のレベルアップとスピードアップを実現するために、最新鋭研究設備と開発設計者が働きやすい環境を整えました。また、国内外からのお客様をおもてなしするホスピタリティ空間とショールーム、また、600人が収容できる4層吹抜けのアトリウム「センターコート」も備え、訪れたお客様にダントツの感動を提供します。「RD1」から多くのイノベーションを起こしてまいります。

  • A1工場

    2018年3月に竣工した新工場「A1」は、ナカニシの中長期成長戦略の核になる最新鋭工場で、ナカニシの製品に必要な精密部品の約90%を一貫生産しています。延床面積14,000 m²に約600台の加工設備を備え、年間を通して24時間体制(長期休暇を除く)で稼働しています。原材料の棒材からCNC旋盤で削り出し、その後、マシニングセンター、CNC研削盤、熱処理、表面処理など、すべての工程を内製化し、高品質な精密部品を安定的に、しかも効率的に作り出します。

  • A1+工場

    2022年9月に竣工した新工場「A1+」は、宇都宮西中核工業団地に立地する「A1」工場に隣接しています。延床面積5,500 m²に約100台の加工設備を設置し、精密部品工場として24時間体制(長期休暇を除く)で稼働しています。屋根全面には太陽光パネル1,600枚を配置し、生産能力の増強とともに環境負荷の軽減を推進しています。

サステナビリティへの取り組みCreate it for a better future

超高齢化社会や温室効果ガスの排出など、様々な課題と向き合う時代。
私たちは歯の健康だけでなく、その先の、人々の幸せや地球環境への貢献に取り組んでいます。

「豊かな暮らし」と「豊かな自然」。

一人ひとりが考え、みんなで動き、そして、よりよい世界Createしていく。
ナカニシからの、未来への約束です。

サステナビリティ スペシャルページ

会社基礎情報

商号
株式会社ナカニシ
創業
1930年2月
設立
1951年1月
代表者
代表取締役社長執行役員 中西英一
従業員数
1,478名 (2022年12月時点)
主な事業内容
歯科医療用機器、外科医療用機器および一般産業用切削・研削機器の製造・販売
コーポレートサイト