本ウェブサイト上の取扱説明書は、現時点で有効な最新版です。全ての取扱説明書は、予告なく変更される場合があります。常に最新版の取扱説明書を確保頂くため、定期的に本ウェブサイトをご確認頂きますようお願い致します。

NSK-Nakanishi Japan

当コンテンツは、歯科医療に従事されている皆さまへの情報提供を目的としています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?

Select Your Language

Select Your Language

Close

英国現代奴隷法に関する表明

英国現代奴隷法に関する表明(PDF)

英国現代奴隷法に関する表明(参考和訳)

本表明は、日本企業である株式会社ナカニシ(以下NSK日本)と英国企業である NSK United Kingdom Ltd.を含むその関係会社(総称して「NSKグループ」)を代表してなされたものであり、サプライチェーンにおける奴隷および人身売買を根絶する努力の透明性を事業組織に要求する2015年現代奴隷法(以下MSA)に関して表明されたものである。

私たちは、「革新的『削るテクノロジー』による『美しい進歩』の創造」をミッションとして掲げており、この実現に向けて、コア技術である「超高速回転技術」に立脚した高品質製品の開発・製造・販売を手がけている。私たちは、3つの事業ドメイン(歯科、メディカル、工業)において大きな社会的貢献をなしており、世界135ヵ国に向けて製品・サービスを提供している。さらなる詳細な情報は、NSKのホームページ(http://www.nsk-nakanishi.co.jp/)で確認することができる。
これらの事業活動のために、私たちは、サプライチェーンから原材料や部品の供給を受けている。

私たちは、2017年までに、サプライチェーンを監視する枠組みに則して、NSK日本および取引先について、奴隷労働や人身売買を含む人権問題のリスクが存在しないか評価を行った。

私たちは2017年にNSKグループ・ガバナンス・コードを構築し、NSK日本とNSKグループがこのガバナンス・コードを順守すべきであることを周知した。このガバナンス・コードは、人権保護と強制労働の防止を含むすべての法令を厳格に順守するよう求めている。

2019年12月までの年度において、私たちは以下の事項を実施し、確認することによって、MSAの遵守をより確かなものにした。

・国内および海外の取引においてNSK日本が使っている契約書は、国内外すべての法規を順守するようサプライヤーに求めている。
・私たちは、NSK日本の管理職およびその従業員を含む社員に、MSAに関して周知を行った。
・私たちは、NSK日本のサプライチェーンにおいて、奴隷労働、人身売買、強制連行がないことを、毎年サプライヤー監査を実施することで確認をしている。
・私たちは、内部通報窓口において奴隷労働および人身売買に関する情報を随時受け付けている。
私たちは、NSKグループを含むサプライチェーンにおいて強制労働や人身売買を防止するために大いなる努力を継続する。私たちは、MSAを遵守するために必要な取組みを検討し実施することを通じて、NSKグループを含む従業員のMSAに関する認識を向上させていく。

2019年12月27日

中西英一
代表取締役社長兼グループCEO
株式会社ナカニシ